カリエル

カリエル

名前:カリエル「神はいつでも助ける準備ができている

合唱:スローン、天使はビナ・レイに仕える

それが与えるもの。

  • 逆境に直面した時の助けになる。
  • 訴訟で真実を知り、無実を勝利に導く。
  • 有罪と偽りの目撃者の混同。
  • 司法に専念する者を区別している。
  • 不祥事や低俗で忍び寄る男たちの工作から守ります。

レッスン:正義の適用を理解する

惑星:天王星

セフィラ:ホジマ。

リージェンシー時間:5:40~6時間

のために発動されます。

法的手続きの中で良い弁護人を見つけること

逆境に直面しても、プロセスの中の真実が浮かび上がるように、私たちに安心感を与えるために。

聖書の引用。

主よ、あなたの正義に従って私を裁いてください。
バカにされないように。

詩篇35:24

摂政下で生まれた者

[socialallocker id="356″]進化した一面:知的で不遜、カリスマ性があり、個人的な魅力を強く持っている。彼は並外れた直観力を持っていて、特に真実を発見することになると、それができるようになります。彼らが本音を見極めるためには、それだけで十分なのです。彼は曖昧で抽象的なものが嫌いで、常にすべてを細部まで理解したいと思っている。彼には偉大な狡猾さ、膨大な忍耐力、忍耐力があります。どんな状況でも冷静に客観的に分析する。彼は無謬であり、正義と真実と誠実さを愛しています。彼は日々の生活の中のあらゆる小さな現象を愛を持って分析しています。彼の論理は揺るぎないものとなるだろう、彼の強烈な信仰心によって奇跡を成し遂げる真の魔術師である[/sociallocker]。

カリエル:"逆境を乗り越える"

タロンにとっては、起こっていることはすべて意味をなさなかった。彼はいつも昔の人が言うのを聞いていた、「間違ったことをすると、間違ったことをする」ということを。しかし、彼の歩みは軌道に乗っており、当時の自分に降りかかった逆境の犠牲者になってはいけないと感じていた。

長老のアドバイスは二度と聞きません。自分たちの推理以外は絶対に信じない。3人兄弟の長男タロンとの生活は大変で、両親が物質界を離れて永遠の命のしきい値を通過したばかりだったため、両親の養育と教育のすべての責任をタロンが負うことになります。

- なぜその不幸が?-青年は何度も自問自答した。

このような疑念を抱いたまま、友人は成長し、年月が無駄に過ぎることはなかった。過ぎ去った日々は、タロンが自分の人生に取り入れた教訓のようなもので、すぐにその無邪気な少年は責任ある大人になるのだった。

タロンが絶望した時もあった前に進む力がないと感じた時もあった不幸感が強く、すべてを捨ててその圧迫から逃げようと思ったことも多々ありましたが、いつも最後の最後で諦めていました。

その日の午後、タロンは仕事からかなり早く帰ってきていて、とても疲れていたので、すぐに心地よい眠りに身を任せていました。夜の間にタロンの魂はウィッシュワールドに移動し、そこで彼は興味深い体験をしました。

- 高きタロンよ、知識の大神殿の門の前に立ってください秘密のエニグマを解き明かす方法を知っている者だけが、そのベールを貫くことができる。

神秘の神殿へのアクセスを守っていた長老カリエルの言葉です。

- なぞなぞとは?-と若者に聞いた。

- この質問に答えてください:苦しみの理由は何ですか?

タロンはその質問について深く考えた。彼は自分の人生を思い出し、その中で学んだ知識をすべて集め、自分が最低限欲していたものがどのように押し付けられているかを見て、そこから何を学ぶべきかを理解したのです。すると、彼は答えた。

- 苦しみの理由は、別の時代に間違ってやったことをうまくやるための学習以外にはありえません。

突然、知識の大神殿の扉が開き、タロンは中に侵入することができました。そこで彼は逆境の原因を知ることができた。彼は一度は家族を捨て、自分の栄光のために生きることを好む様子を見ていた。

欲望の世界でのその経験の記憶で、タロンは新しい男になっていた。その日から、彼は二度と自分の裁判から逃れる必要性を感じなくなり、長い間不利だったものが、そうでなくなっていたのです。

終り

「Caliel」への30件のフィードバック

  1. Grazie Signore per avermi affidato a CALIEL、il mio Angelo custode che mi guidaverselaveritàelagiustizia、my consiglia prudenza e mi indica le se se giuste della vita、bontà、onestàerettitudine、in the worlddoveilmaleèalwaysin agguato。私のカリエル、アイウタミは、仕事で私の敵を無力化し、私の目を永遠に自由にするために。
    ありがとう、ありがとう、キャリエル、あなたの保護に感謝します。

  2. キャリエルが私の守護天使であることを知って、私はとても幸せで安心しました。しかし、これはすべて私には興味があります。私は彼を探していませんでした、彼は私を探しました。
    毎朝午前5時55分に目が覚めましたが、その理由はわかりませんでした。私がページを見て、それがカリエルが通信しようとしている鏡の時間であることがわかるまで。すべてを読み続けるまでは、それはまったくの偶然だと思っていました。
    そして、私は6月20日に生まれたジェミニです。

  3. キャリエルが私の守護天使であることを知った今、私はとても幸せに感じています、そして私はこれから彼と同一視します私は常に彼を心に留めます

  4. なんて美しい文字なんでしょう。どうやって手に入れればいいの?

  5. 私は私の天使の名前を知っていることが非常に好きで、それはいくつかのことで私を反映しているので、物語は私に多くのことを考えさせてくれました。

  6. これは実際には非常に素晴らしいと知っていて、私たちの神聖な天使と天の父から学び、今日私は私の天使から学びました。

  7. 美しい...今日は私のアゲルがカリエルであることを発見しました...

  8. 今日、私は私の守護天使がカディエルであることを発見しました、私は非常に識別され、興奮しています...。

  9. 守護天使の詳細情報を送ってくれることを承諾します。ありがとうございます。

  10. 私は天使を信じています。特にミゲルは私の守護者だと思っていましたが、あるウェブページで彼がカリエルであることを知りました。 彼の名前は聞いたことがありませんでしたが、少なくとも彼の名前の意味と、何のために彼を呼び出すことができるのかがわかりました。ありがとうございました

  11. 天使のことをもっと知りたい、名前も知らないし、もっと接点があればいいのに。

  12. 私は神とその息子イエス・キリストと私の守護天使カリエルを愛しています...私を祝福し、私を愛し、私を愛し、人生に私の小ささを奪わせないでください。

  13. 私に起こるすべてのことは、私を助けるためのリソースと、それは彼の名前がカリエルだったことを知らずにどのように私を助けてきたと、読書と共通です。

  14. 教えていただいた情報に感謝しています。 私にとってとても参考になります。 私が探しているものは、私が探しているものです。

  15. 天使を知ることは私の一部を知っているようなものです。

  16. 私は守護天使を愛しています 名前を知らなくても いつも信頼しています 今では名前で呼べるようになりました 美しい物語 苦しみの理由 あなたの知識から毎日学べるようにしてくれて ありがとうございました ハグしてください

  17. 神様、ありがとうございます!今日は私が素敵な天使カリエルと永遠に出会うことができるようにしてくれてありがとうございます。 あなたの愛と導きと永遠の保護に心から感謝します。 愛してるよ....

  18. 😉 私の天使カリエルを知って強くなったのは、あなたが私と一緒にここにいて欲しいからです。

  19. 私はすでにあなたのことは知っていたし、みんなのことも知っていたが、あなたの名前は知らなかった。 これからは、あなたは私の信頼できる友人であり、私のアドバイザーになってくれるだろう。

  20. 🙂
    守護天使の情報に感謝 😉 , 心から感謝 🙂

  21. 美しいメッセージ...一人一人の素晴らしい描写...より多くの情報を送っていただき、ありがとうございます...このサイトのメッセージの方々に祝福を....

  22. 私たちの天使たちが私たちのために持っている彼らの献身、彼らの偉大な愛とケアに感謝します。Thanks!!!!! インフィニット

  23. すべての人に祝福を、兄弟、私はタロンを識別するために、私は彼が生きていたものを正確に生きていたので、父のおかげで、今日私は新しく生まれ変わった存在であり、与えると受け取るために多くの愛を持って、また、私の最愛の守護天使カリエルに感謝しています。

  24. アドバイスをいただきたい
    私の天使の...私は1951年4月5日からです。

  25. CALIEL.... 私の守護天使がCALIELだと知った今、いつも一緒にいることを受け入れています...天使が大好きなんです 😉 😆 笑

    .

  26. 天使のカリエルと私の性格の多くの家を共有していることを知っているのは興味深いことです。

コメントする